裁判の闇 「絶望の裁判所 裁判所の門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」究極的に絶望的な、あまりに絶望的な実態 裁判所の本質は国民という家畜の訴えを抹殺し、支配者の利権を正当化するための抹殺システム

スポンサードリンク

裁判の闇 「絶望の裁判所 裁判所の門をくぐる者は一切の希望を捨てよ」究極的に絶望的な、あまりに絶望的な実態 裁判所の本質は国民という家畜の訴えを抹殺し、支配者の利権を正当化するための抹殺システム
裁判所の本質とは何か?裁判の本質とは何か?私達はいい加減に国家というものは最大の詐欺師、強盗殺人犯であることに気がつかなければならないと思います。
本質のわからないと学校の本質が家畜奴隷を作る奴隷ロボット工場であることに気がつかずに、我が子の奴隷化に大金をつぎ込むように、現代医学病院の本質が身ぐるみを剥がして資産を強奪し、殺害する惨殺の屠殺場であることにも気がつかずに間違った者にすがります。
これらは国家こそが最大の詐欺師であるから国民は騙されています。
社会の本質のわからない家畜は、詐欺師に騙されて被害に遭い、また裁判所という権利の屠殺場にひっかかります。本質が詐欺であることがどうしてもわからないから、永遠に当たるはずのない宝くじに投資するような人生を送ります。それらは根本がペテンの魔物が支配するシステムであるという基本さえわかっていればすべて防げた被害なのに、当たり前のことがわからずに一生を終えます。
家畜の生涯は詐欺にひっかかりどおしです。学校という詐欺で騙され、現代医学という詐欺に騙され、また国家という詐欺に騙されます。産まれたときから当たり前にあるものが最大の犯罪組織であることに気がつかないからです。
国家そのものが、最大の詐欺師であり、テロ組織であるという当たり前のことに気づくまで家畜の受難は一生続きます。
すべては家畜自身が本質がまったくわからないからです。家畜のことをある人は本質のわからない愚民という意味でグーミンと言います。
国家の本質とは残酷なものです。今、必要なのは、美しくオブラートに包まれたまわりくどい動画や本ではないと思います。ストレートに本質をついた動画や本であると思います。
世の中の本質が根底から悪魔の支配するペテンの世界であることに気がつかない限り、救われる道など開けるはずもありません。
マスタードガスやワクチン、輸血などの生物兵器剤で惨殺された人々が何百万人いるというのに、裁判所に訴えて誰一人救われた人などいません。
薬害肝炎にしろ、原爆認定にしろ、水俣病認定にしろ、裁判所とうシステムは判決が出るまでに何十年も判決を引き延ばし、被害者を苦しめます。これは裁判という本質に気がつけば当たり前のことです。そもそも裁判は被害者を救うためなどと言う目的などまったくないからです。その本質は国民という家畜奴隷を疲弊させ、ふるい落として諦めさせるための茶番だからです。

裁判所に訴えることが正攻法だと思っている人は現代医学の治療で病気を治療することこそが最善だと思っているようなものです。
抹殺する国家権力と殺戮の国家権力は犯罪仲間の一味であり、後ろで手が繋がっています。
医療過誤や医療犯罪を訴えたところで認めるなどと信じているほうが外れています。闇の仕組みをインターネットで余すことなくバラして大衆の気づきで制度を変えるしかありません。
家畜の人権など認めるはずもない絶望の国家である以上は、ジャーナリズムに訴えて場外で訴えるしかないと言うことです。国家権力も現代医学も悪魔達の支配する闇の世界です。
たとえば、高齢者が体調を悪化させて救急車を呼べば屠殺処分されるという当たり前のことにいまだに気がつかない人がいます。
生き残るとは世の中の仕組みの本質に気がつくことだと思います。

以下抜粋です。
絶望的な、あまりに絶望的な実態

裁判官たちは何を考えて裁いているのか。我々素人は「法と証拠」と答えるかもしれない。だが、冤罪は後を絶たないし、冤罪の疑いが強まっても耳を傾けない司法の姿が浮かぶ。著者は裁判官の頭には裁判の公正や司法の正義の概念はないと説く。司法権力という見えない組織にがんじがらめにされ、根拠を深く考えずに自動機械的に事案を処理する「司法囚人」の姿こそが裁判官の実像だと本書全体を通じて指摘する。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)