地球を支配する死神マフィア 原発も医療もルーツは同じ 世界で最も売れる抗ガン剤は地球最強の猛烈発ガン物質だった! 医療モンスターシステムに騙されるな!船瀬俊介さん

スポンサードリンク

地球を支配する死神マフィア 原発も医療もルーツは同じ 世界で最も売れる抗ガン剤は地球最強の猛烈発ガン物質だった! 医療モンスターシステムに騙されるな!船瀬俊介さん
“血液の闇” ”輸血は受けてはいけない”船瀬俊介著
http://www.sangokan.com/book/ketsueki.php
http://www.sangokan.com/book/gazo/ketuekichumon.pdf
船瀬さんの御厚意で講演ビデオを提供して頂くことができました。御好意、感謝いたします。
2012年5月の講演です。この動画の再使用、転載投稿が可能です。
医猟マフィアも原発マフィアも狂育マフィアもルーツは同じです。日本という国家そのものの根底がマフィアに支配されたインチキ詐欺の世界です。狂育による悪魔に対する従順度テストで優秀なバイオロボットを役人や政治家におき、売国奴が出世するシステムです。日本という国家は根底がインチキのペテン牧場であることに、いい加減に眼をさまさなければなりません。
医猟、狂育、これらは牧場の運営システムです。義務狂育で従順な奴隷をつくり、働かせて、最後は病院と演出した収奪工場で解体する。これらは家畜奴隷の屠殺解体場です。
最多使用、抗ガン剤シクロホスファミドの正体は化学兵器剤マスタードガスであり、WHO指定の猛烈発ガン物質で家畜奴隷の屠殺収奪剤です。 輸血も同様です。
マフィアたちから追い込み料をもらっているマスコミはその殺害シーンを病魔から懸命に救おうとするシーンとして演出します。私たちは大日本帝国の発狂の時代から何も進歩していないのです。全ては仕組まれた収奪の罠です。
自分がペテンの人間牧場で飼われていることに気がついてください。国家、医猟、狂育機関、それらを信じた先に待っているのは残酷に仕掛けられた惨殺屠殺場です。 【読み上げ動画】命に関わる事実 国民が知らない巨悪の医療犯罪が隠蔽されている 全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPwemHbN0

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)