偽装社会 輸血医療の虚構は100年以上前からわかっているのに隠されている ルネ・カントン 字幕無し

スポンサードリンク

偽装社会 輸血医療の虚構は100年以上前からわかっているのに隠されている ルネ・カントン 字幕無し
ルネ・カントンが認められていたら、現代医学ビジネスは確立することが出来なかったかもしれません。
血液製剤も人を殺す医薬品も病気をつくり、殺すための国策によって成立するビックビジネスです。
輸血で人が救われた人の話がありますが、下手くそな手品のトリックに騙されて感心しているようなものです。
輸血で助かった話は人間の血液とは何の関係もありません。
輸血は人間から採取したものであり、赤血球、血小板などの血液細胞以外にも電解質バランス濃度が適性になったミネラル成分が含まれています。
ルネ・カントンは輸血ではなく、電解質ミネラルのみの体液とほぼ同等の濃度に海水を薄めて血液中のミネラルと同様にした点滴でも完全な輸血の代替になると考え、犬の血液を抜きながら海水を湧き水で薄めた水と入れ替えていきました。その量はもともとの血液量をはるかに上回る量です。
血液を抜き取られた犬の血液は数日で戻り、その犬は事故死する日まで5年以上生き延びたといいます。これは輸血というものが確立する以前に立証されていたことです。
もともと19世紀には輸血ができる制度そのものがありませんが、19世紀以前の人は大量失血したらみんな死んでいたという話はありません。19世紀は薄めてしまうしか方法がなかったのに輸血と違って副作用など起こらず、対応できていました。

カントンの犬の実験は1960年代も含めて繰り返されて確認されており、人間でも既にイングルウッド病院などがどこまで出血しても血液を薄めていく血液希釈法でやっています。手術などで出血していくとドンドン血液がなくなって希釈で薄まりますから、ヘモグロビン値Hbは10分の1とかになることもあります。それでも輸血はしません。赤い色が透明に近くなるようなスカスカの状態でも生き延びます。
20世紀以前では輸血などしたくしようがないのですから、それが当たり前のことだったのです。
輸血を辞めた病院や医師の証言は予後や生存率が激的によくなり、短時間で退院できるようになったと言うことです。これは輸血で多くの人が殺されていたと言うことです。
このことから、輸血で救われた人は地球の歴史上ゼロ人だったと言うことです。今も昔も輸血で救われた人など誰一人居ません。
すべては現代医猟ビジネスのペテンのトリックに騙されてきたと言うことです。医学は進歩しているどころか、より猟奇的に巧妙に人を騙す犯罪になっているということです。
輸血が不要であることは輸血医猟が始まる前から確立しています。
現代医学を武器にする医猟ハンター達が輸血不要論を認めないのは当然のことです。
病気がなくなってもらっては困るからです。増病剤と薬はセットで獲物が怯えて高く売れるものです。輸血は現代医猟で最悪の増病、増ガン発病剤です。
正当な医療は薬や血液製剤を高く売るために潰されています。
現在、医学部で教えられるのは、人を悪化させて、骨の髄までしゃぶり尽くして殺すための医猟ビジネスてす。
輸血のペテンがなぜ100年以上もバレなかったか?それは告発する人々が国策による暗殺や逮捕などで潰され、情報発信ができなくなっているからです。
いまだに中世の魔女狩りのようなことが行われ、真実を伝えようとしたら国策捜査で処刑されている世の中です。
そうして邪魔な者を抹殺し、美名を装う大衆洗脳には莫大な宣伝費が投入されています。いい加減に国家は人を殺すための屠殺場の職員であることに気づく必要がありそうです。なぜ正当な処置は潰す必要があるのか?病気を作る医猟ハンティングは、医猟マフィアを潤すビックビジネスだからです。
ガン検診や献血などの血液製剤ビジネスはよく悪魔的な本質であるからこそ、より崇高に美しく演出されています。美しく見せかけられた残酷な正体に気がついてください。
医猟ハンティングにひっかかったら最後です。一生マフィアの商品を買い続けなければならない奴隷です。医猟の宣伝は終身カネヅルを作り出し、骨の髄までしゃぶり尽くすための罠です。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)