偽装社会 輸血医療、エホバの証人輸血拒否事件の真相 内海聡さん 抜粋 ものみの塔 医療殺戮の詐欺に騙されるな

スポンサードリンク

偽装社会 輸血医療、エホバの証人輸血拒否事件の真相 内海聡さん 抜粋 ものみの塔 医療殺戮の詐欺に騙されるな
血液の闇 輸血は受けてはいけない http://www.sangokan.com/book/gazo/ketuekichumon.pdf
http://www.amazon.co.jp/dp/4883206165/
http://www.sangokan.com/book/ketsueki.php
歴史の真相と、大麻の正体
http://www.amazon.co.jp/dp/4883206289/

概要

settoku1985年6月6日の午後4時35分、神奈川県川崎市高津区のJR久地(くじ)駅前交差点で交通事故が発生したとの119番通報が入りました。これが後に「大ちゃん事件」としてマスコミにも報道された痛ましい事件の始まりです。まずはこの事件の出来事の経緯を振り返ってみましょう。詳細は大泉実成氏の「説得」(講談社)に記載されています。

午後4時10分頃 4時30分約束の聖書研究を受けるため司会者のアパートに向けて自転車で出発する。父親は危ないのでバスで行くように勧める。
4時35分 府中街道を走りガードレールとダンプカーの間を抜ける際に転倒、両足を轢かれる。すぐに119番通報。
4時38分 通報から3分ほどで救急車が到着。応急処置開始。
4時42分 救急車到着から4分ほどで、止血帯による処置完了。意識ははっきりしており、救急隊員にきちんと受け答えをする。
4時56分 聖マリアンナ医科大学救命救急センターに到着。医師の最初の所見では「両下肢解放性骨折、入院60日」。
以下は大君が自転車で出発した地点と事故が起きた場所を示しています。

大きな地図で見る

続いて病院到着後の流れです。

午後5時頃  推定出血量約500ccと判断し、一刻も早い輸血が必要と判断される。
5時30分頃 輸血および緊急手術を行う前に両親が駆けつける。手術同意書へのサインが求められる。輸血が出来ないと述べる。医師は両親に怪我の状況を見せる。父親と大君はわずかな会話をする。
「大、だいじょうぶか」
「うん」
「お父さんがついてるからな。しっかりしろよ」
「うん、…お父さん、ごめんね」
6時過ぎ センター長が電話で父親の説得を試みる。大君の意識がもうろうとし始める。人口呼吸用チューブが取り付けられる。
7時10分過ぎ 大君の人工呼吸用チューブを外し大君の意思を確認しようとする。意識は戻らず再びチューブ装着。
7時45分 集中治療室(ICU)に移される。
8時頃 大君は自発呼吸を停止。瞳孔も開く。
9時18分 死亡。
この間に医師は責任の所在をはっきりさせるために覚え書きを提出することを求めます。両親から提出されたものは「決意書」となっており、以下の内容になっていました。

決意書(両親により病院に提出されたもの)
「今回、私達の息子(大十歳)がたとえ、死に到ることがあっても輸血なしで万全の治療をしてくださるよう切にお願いします。輸血を受けることは、聖書にのとって受けることはできません 昭和60年6月6日」
以上が事件のおおよその流れになります。ここからこの事件の不明瞭な点について分析したいと思います。

輸血しても助からなかったという話

大君は輸血したとしても助からなかったという話があります。しかし、これには誤解が含まれていると思います。「輸血をしても助からなかった」の根拠とされるのは以下の新聞記事です。

88.03.10 東京読売朝刊 しかし、出血がひどく、担当の医師が輸血をしようとしたところ、エホバの証人の信者である両親が輸血を拒否。両親の信者仲間も押しかける中で、病院側は両親に対し輸血を説得したが、承諾を得られず、長男は約五時間後、死亡した。高津署では、輸血をしなかったことと死との因果関係を解明するため、司法解剖後、警察の鑑定医(私大教授)に、死因の鑑定を依頼する一方、両親に対する保護責任者遺棄罪や未必の故意による殺人罪、医師に対する業務上過失致死罪、医師法違反などの容疑を追及できるかどうか、慎重に捜査を進めてきた。

この結果、鑑定は〈1〉事故そのものによるけがが大きかった〈2〉急性ジン不全を起こして容体が急変、出血性ショック死につながった〈3〉従って、輸血をしても命は助からなかった--とした。これらを踏まえて、警察側は両親や医師の刑事責任を問えないと判断した。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)