偽装社会 リチャード・コシミズさんが最高裁事務総局がCFR(米国の闇政府)にコントロールされていることを説明 CFRに都合の悪い裁判では裁判官を入れ替えする八百長裁判が日本中で行われている

スポンサードリンク

偽装社会 リチャード・コシミズさんが最高裁事務総局がCFR(米国の闇政府)にコントロールされていることを説明 CFRに都合の悪い裁判では裁判官を入れ替えする八百長裁判が日本中で行われている
裁判所の凶悪犯罪証拠資料 https://www.youtube.com/watch?v=Eph4zgG1Mls


法務省、法務検察、最高裁の正体は1千万人以上を殺害した強盗殺人団CFRの戦争資金調達実行犯であり、隠れ死刑囚の集団 司法官僚、行政官僚たちの凶悪犯罪 数千兆円強盗、数千万人殺人の仕組み 大量殺人を告発する

法務省、最高裁の司法官僚、行政官僚たち、コイツらのやっていることは、世界中が怒り狂って死刑囚が続出する歴史上まれに見る凶悪犯罪者達の強盗殺人集団です。国際テロ組織「検察」、国際テロ組織「最高裁」です。
米国の年間70~80兆円とも言われる軍事費、イラク戦争やイラク、シリア、リビア、レバノン、ソマリア、スーダン、イランへの攻撃にかかる費用、そして数千万人の屍の山、これらの資金調達は誰がやったのでしょうか?
米国の戦争はおかしなことが多すぎます。貧国のベトナムに時間をかけて戦争に負けたり、それらは意図を持って作られた八百長裁だからです。アメリカがベトナムに負けるはずがないのです。
これらの戦争ビジネスで資金調達を行ってきた影の犯罪者こそが霞が関犯罪のボスリーダーである法務検察、最高裁の司法官僚、行政官僚たちです。国策捜査と国策司法といわれるものは、こうした恣意的な米策捜査と米策司法と米策行政に添って排除したり、特定の売国奴を持ち上げたりする調整のために行われます。
コイツらの犯罪を国際的に広めて国際死刑台に送り込みましょう。コイツらが裁かれずに終わるなど、被害者達は浮かばれません。
日本の歴史では、明治維新のときに誰が資金を出していたのか?など、会社で言えば出資者や株主は誰なのか?という肝心なことは学校では絶対に教えません。それは資金調達源ち歴史の転換点を教えてしまうと、今の日本の闇構造、霞が関犯罪がバレてしまうからです。バカを作るための授業なのです。
歴史の闇、世界の闇を解き明かすには今のジャイアン国家米国の誰が資金提供源になっているのか?が肝心なのです。ほとんどのジャーナリズムはその肝心な核心部分に触れません。10年で1000兆円以上の戦費や軍事費を米国は調達したのでしょうか?
資金調達源が特定されないために解決せず、常に同じカラクリで悲劇は起き続けるです。
不正選挙裁判や多くの不条理をなぜ検察や最高裁判所は認めて捜査しないのか?判決を出さないのか?そこにこそ「戦後史の正体」のカラクリがあります。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)