世界は本当に素晴らしいのか?                      『新・霊界物語 第百十四話』

スポンサードリンク

世界は本当に素晴らしいのか?                      『新・霊界物語 第百十四話』
「世界はなんて素晴らしいんだろう」
 たしかに個々人の幸福感からすれば、そう感じることはあるでしょう
 子供が生まれて、そう感じることはあるでしょう。
 あるいは好きな人に告白して、恋人にプロポーズして、そう感じることもあるでしょう。
 大学に合格して、仕事で世して、「世界はなんて素晴らしいんだろう」と、そう感じることもあるかもしれません。
 旅行してそう感じることもあるかもしれません。
 個人的な幸福感は確かにありますから、皆が人生の折々に、きっとそう感じていることでしょう。
 しかし自分のことはひとまずおいといたとして、世界に目を向けた時、厳密に言えば世界の闇の部分を、じっと直視した時、一体だれが心の奥底からこう言えるのでしょうか?
「世界はなんて素晴らしいんだろう」
 ”2分30秒たらず”という短い時間の間だけ、「自分一人の幸福」というものを忘れて、そして今現在、世界にある悲しき闇の部分をじっと見つめ直した時、おそらく一人もそう言えなくなってしまうのではないでしょうか。

 動画作成者のブログです→ http://ameblo.jp/uttaetotatakai/



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)