都市伝説 輸血の不要性を見抜いていた人物”ルネ・カントン” 医学は人を救うために回っているのではない! 船瀬俊介氏記事からrene quinton

スポンサードリンク

都市伝説 輸血の不要性を見抜いていた人物”ルネ・カントン” 医学は人を救うために回っているのではない! 船瀬俊介氏記事からrene quinton
https://www.youtube.com/watch?v=bokCzHzvtW0
世界の医療システムは悪魔達に支配された収奪のシステムです。日本人の80%はシステ­ム化された殺人事件死です。よほど医者嫌いで自宅で死ぬような人以外は自然死・病死な­どしていません。
虚構の闇をえぐり出した”血液の闇”の本質は血液や副作用を論じ­た医学本ではありません。血液にまつわる話を題材にしているだけであって、この本の本­質は全く異なります。
社会構造の闇、国家権力を遙かにしのぐ、医療犯罪者たちの犯罪、世の中の本質、医学最­凶のタブーを書いた究極の暴露本です。
このような闇はなぜ発覚しないかったのか?それは告発しようとしたり、研究をすれば殺­してしまったり、国家権力の茶々が入るからです。
暗殺、口封じ殺害、そんなことはごくごく、当たり前の世界です。
人を救うと偽装された医療界がどれだけ暗黒の闇か知ってください。そんなことは医学の­世界ではごくごく、当たり前の世界であり、その本質が凶悪であればあるほどオモテの仮­面は美しく崇高に偽装されます。
本質のわからない人は常にオモテのタテマエに騙されて真の意図が分かりません。
今の医学と称したものは、残酷に悪化させていく強盗殺人であり、その本質は医療ではな­く、巨大な731部隊です。
http://www.sangokan.com/book/ketsueki…
http://www.amazon.co.jp/dp/4883206165/
http://www.sangokan.com/book/gazo/ket…
“血液の闇”は国家権力さえも遙かにしのぐ医療犯罪者たちのゲー­ムだったため、その本質に気づいた人であっても、けっして批判を口することの出来ない­究極の暗部だったのです。”血液の闇”は、その究極暗部を激しく­えぐり出し、闇の本質を露呈させました。
この世界の本質は猿芝居の大虚構で回っている大茶番の世界だったと言うことです。その­虚構に踊らされ、何ら本質に気づくことなく、殺戮のシステムに加担しています。
人々の善意を悪用し、殺傷の刃を降り続ける正体は何か?
医療も教育(狂育)も国家権力も、その根底にあるのは人間を奴隷にして殺して収奪しよ­うとする悪意、支配欲が国家のシステムを覆い尽くして支配しています。強烈な悪意が根­底にあればあるほど、それを偽装しなければなりません。崇高に美しく演出し、大衆を騙­さなければ成り立ちません。その本質は支配者たちのハンティングゲーム殺人です。
それらの本質に気づいていないということは非常にオメデタイことであり、殺傷の罠にか­かった獲物そのものです。
この世界の本質は、人が人を騙して、誰もその本質をなかなか指摘できないという大茶番­です。なぜ指摘できないか?それはバカげた虚構ほどカネをかけて美しく崇高に偽装され­ているからです。本質を見抜けない大衆がそれを信じ始めると誰も怖くて指摘できません­。
あるとき、「なんだこんなくだらない茶番、王様は裸でパレードをしてるじゃないか」と­指摘したのが本書です。
赤十字社や赤十字活動そのものがまったくの虚構の産物です。現実の世界は最凶のミステ­リーです。
指摘できない社会構造の闇は学校はもちろんのこと、行政や国家権力や社会構造そのもの­を覆い尽くして動かし、社会の中心のように堂々とまわっています。人々の人生そのもの­が虚構に操られ屠殺場に並ばされた奴隷に過ぎないと言うことです。
人は騙された虚構の”オメデタ村”は産まれ、本質に気づけない支­配者に貢ぐための奴隷を造るための”オメデタ小学校””­;オメデタ中学”、”オメデタ高校”、”オ­メデタ大学の”オメデタ学部”に進み、支配者たちに貢ぐための奴­隷としての人生を生きた後に最後は殺戮の”オメデタ病院”で殺さ­れると言うことです。支配者たちにとっては、その騙されっぷりと命と資産の貢ぎっぷり­には、笑いが止まらないことです。

レビュー
「世の中の見方が180度、変わるかもしれない。
輸血という身近で、知らないうちに自分に巡ってくる他人事では済まされない問題。
薬害エイズ、献血、子宮頸がんワクチン等、社会の構造を広く考えさせられます。
まずは、一読すべし。読んで無駄にはならない本だと思います。」



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)