輸血製剤の悲劇

スポンサードリンク

輸血製剤の悲劇
http://krsta.org/jp/medical/medical1.php
無輸血医療を立証したルネ・カントンの”カントンの犬”と同じようなことは既にとっくの昔から人間でもやっています。
無輸血医療(Bloodless)とはできるだけ輸血をしないという治療という意味ではありません。どれだけ血液が薄まろうと90%失おうと、輸血しないということです。その理由は輸血は治療としてはまったく無意味であるからです。
このサイトでもヘモグロビン値Hbが1台でも輸血しないと説明しています。通常のヘモグロビン値Hbは13前後ですから、90%減でも無輸血(Bloodless)です。
「4日で彼の血球値は相当上がりました。」と書いてあるように、ほぼ全部血液を抜いた”カントンの犬”の血液が数日で戻ったということ同様の実例は既に人間でもわかっていることです。これらはネット検索でも同様の話はたくさんでます。
失血したら死ぬというのは、水分量が減ったままの状態とか、電解質バランスが薄まったままにした場合のことであり、エホバの証人の輸血拒否で人が死んでいるとか、輸血拒否が子供が死んだとか、そういった輸血拒否にまつわるニュースのほぼすべてが医猟マフィア側が仕掛けて大騒ぎさせて、輸血という屠殺剤の打ち込みを断れないようにするためにやっているペテンニュースです。マスコミは人を殺すための洗脳装置です。
抗ガン剤や向精神薬を批判している人ですら、いまだに輸血剤は正しいと思いこんでいる人がいます。誰も本質を言えないから真相がわからなくなっています。
人々は虚構テレビのニュースを信じ、虚構新聞を読んでペテンに踊らされてるいことに気がついてください。
エホバの証人の悲劇は、血液製剤利権に都合良く悪者にされたことです。
その背景には、医猟マフィアから莫大な金が流れて、輸血拒否した家族を血祭りにしあげ、親が子供を死なせたと言い、血液製剤批判をする者たちには批判や血祭りが行われています。正しいことを言っているのに気の毒としか言いようがありません。医猟業界との戦いにはこうした悲劇が数え切れないほど生じています。それが医猟業界です。
強盗殺人の世界ですから、人を殺すためなら何でもやってきます。
善意を偽装した屠殺剤の打ち込みにはお気を付けください。打たれたら一生、医猟マフィアの終身カネヅルです。稼いだお金はほとんどマフィアにそのまま吸い取られます。
医猟業界の闇を知れば知るほど本当に恐ろしい世の中だと思います。
本質は、医猟強盗団が道端で手当たり次第に金属バットでボコボコに殴り殺して人々から命と資産を強奪し、警察もまったく動かないで無惨な死体が、そこら中に惨殺死体が散乱している、そういった世界が今の世の中の真の姿なのです。そしてそれを伝えた人間が悪者にされます。
輸血拒否カードを持参して命を自衛しなければならない世の中です。
輸血医猟でわかることは、人を殺すために献血などの人の善意は悪用されると言うことです。
そして、本質が残酷な殺人シーンは崇高に美しく、救命処置と称した行為によって美化され、美しく語られています。
私はこの現実を見ると日本は中世の魔女狩りの時代と何も変わっていない、日本は北朝鮮なみに絶望的な世界だと思えます。
こういった間違った医療による被害は医猟業界全体の問題であり、血液利権だけの問題ではない深刻な事態です。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)