輸血、血液製剤の危険性 カントンの犬 仕掛けられた殺人罠

スポンサードリンク

輸血、血液製剤の危険性 カントンの犬 仕掛けられた殺人罠
ルネ・カントン、カントンの犬、イングルウッド病院で検索してみてください。いかに輸血がインチキかわかります。輸血は医療界の95%程度は抗ガン剤が地球最強の発ガン物質マスタードガスであることや向精神薬が人格と人体をボロボロにして地獄に追い込む破壊追い込み剤であるのと同じです。
救命医療が人を救っているなどと言うのもウソです。むしろ、救命医療こそが最高の終身カネヅル製造、屠殺の機会になっています。
輸血が治療としては、まったく意味のない有害無益な行為であると言うことは100年以上前の輸血という行為が行われる前からわかりきっていることです。
輸血という行為自体は、医猟ハンティングの発明として生まれた悪魔達の知恵の結晶です。”医猟界”は常に新たな病気を作り出して拡散させていかなければなりません。
「千島学説 輸血 ルネ・カントン カントンの犬 シドニー・リンガー リンゲル液 輸血の害 輸血と肝炎 輸血と感染症」などで検索してみてください。
輸血で救われた話が作用機序としては、まったく輸血という行為とは無関係であることがわかります。
輸血はありとあらゆる伝染病の媒体源になっています。それこそが最初から仕組まれた本当の狙いだからです。これは抗ガン剤の歴史と同様です。
輸血と救命の因果関係が輸血と無関係であることは100年以上前に血液と同様のリンゲル液、海水を血液と同程度にわき水で希釈したもののほうがはるかに救命効果が高いことはとっくの昔から知られています。
血液型を発見したラントシュタイナーはロックフェラー研究所の者です。つまり、ロックフェラーが輸血というロックフェラービジネスを開拓したと言うことです。
40%程度の失血による赤血球などが薄まる場合も酸素運搬能力は、変化もしないこともわかっています。これは赤十字社の指針にすら書いています。血液理論自体が”医猟ハンティングの手法として考え出された発明”なのです。
動物実験などでは血液を100%抜いてリンゲル液や海水に入れ替える実験でも行われています。(これは全部一気に抜いてから入れるのではなく、少し抜いてリンゲル液を入れて、また血液を抜いて入れ替えるというように最終的に全部血液を抜いて入れ変えてしまう。血液は数日で元に戻る)
「カントンの犬」の話やリンゲル液による無輸血医療の成績などで世界中の病院で輸血しないほうがはるかに治癒や生存率が高いことはわかりきっています。輸血をした事例はメチャクチャな成績が悪く死亡率も予後も悪いのです。

輸血の目的は主に4つあります。
1,医猟ハンティングの基本である終身カネヅル製造のシカケ剤。ガタガタに病院と罠にかかった獲物を悪化させて病気を作り出して稼ぐため。これは病院の治療と称した収奪作戦の基本中の基本。

2,輸血という行為自体が入院期間を長引かせ、処置点数の点数稼ぎになるため。予後が悪く、入院期間が長くなるため1人の獲物からより効率よく稼ぐことが出来る。

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)