警察24時の裏 警察と検察による報復の刃 現役初の裏金告発者はどちらも口封じ逮捕 恐るべき恐怖統制司法の闇 高知白バイ事件は、なぜおかしな判決を出しているのか解明 警察官と検察官が見た凄絶実態

スポンサードリンク

警察24時の裏 警察と検察による報復の刃 現役初の裏金告発者はどちらも口封じ逮捕 恐るべき恐怖統制司法の闇 高知白バイ事件は、なぜおかしな判決を出しているのか解明 警察官と検察官が見た凄絶実態
報復の刃で口封じ逮捕
http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-eb-ec/sadao_ybb/folder/1788435/07/60641007/img_3?1308024373
なぜ警察官、検察官は口封じ逮捕命令に従うのか?それは警察、検察、裁判所の世界では、どんな理不尽な命令も従わなければ制裁の刃を振りかざしてくるからです。
日本で最大の職業詐欺師が警察官と検察官であることなど、内部の人間が証言しているようにごくごく、当たり前のことです。もちろん詐欺だけではありません。
殺人、監禁、詐欺、口封じなどどんな不条理なことも命令に従わなければ報復の刃が降りかかって生きていけなくなる世界だからです。
この刃の恐怖こそが警察、検察、裁判所の統制の原動力であり、したがった者には栄転のご褒美があります。こんな暗黒支配の館に依存しているような人間に正論など通用するわけがありません。真っ黒とは検事総長に真っ白は犯罪者として失墜させられます。
もちろん、その報復の刃は、マスコミやジャーナリズムにも容赦なく振りかざしてきます。
だから本当のことは言えないのです。警察幹部や検察幹部の本当の正体は醜悪な北朝鮮といっしょです。
警察、検察どちらも日本でもっとも正論の通用しない世界です。正論を言うことは死も覚悟しなければならない決断です。声を上げたりしたら凄まじい、いじめ、報復逮捕、生き伸びれるかすら危うい世界です。
「検察の大罪 裏金隠しが生んだ政権との黒い癒着 三井環 講談社」によると裏金告発の口封じ逮捕に絡んで、暴力団と癒着し、その後、検察が暴力団と口封じ逮捕の司法取引をした弱みを握られて殺人事件まで起きています。いまだに口封じ逮捕に関わった人々の壮絶な悪夢は終わりません。
口封じの刃と報復の刃が炸裂して凄まじいことになっています。
あまりの凄絶ぶりにマスコミは怖くて取りあげられません。書いたらいつ殺されるかわからない闇の闇だからです。
日本の司法の実態は、こうした恐怖支配によって統制されており、凄まじく醜悪な世界です。
口封じ逮捕などに関わったら最後、一言でも漏らしたら命はありません。だから真相を打ち明けれないし、オメデタイ国民はわかりません。
まるで国際麻薬マフィアの凄絶映画のような世界が日本の警察、検察、裁判所という司法界のの本当の実態だったと言うことです。

警察の裏金問題を死をも覚悟して告発!!愛媛県警の元警察官、仙波敏郎氏大いに語る!


今の司法が正義だと信じても失望するだけ、日本には司法など存在しません。あるのは、司法という仮面を付けた偽装暴力団であり、暗黒の世界です。
国家権力を持った警察幹部、検察幹部は自分の欲望の刃として逮捕権でも何でもやってきます。これが一切取り締まりするところがありません。最凶に卑劣な口封じ逮捕は検事総長が口封じデッチアゲ逮捕を指揮した”三井環事件”です。
検察も警察も権力故に日本で最悪に腐り果てた正義と悪が逆転した世界ですから、警察、検察、裁判所の事件処理は、正論とはまったく関係なく、処理され、社会正義を目指して入ったまともな人間はあまりの絶望的な世界から失望して去って行きます。警察、検察、裁判所の実態は今日不当性で動かれた檻の中の犬、囚人の世界です。
世の中の警察、検察、裁判所は、不条理な社会の病根を作り出している社会悪そのものになりはてています。
今まではこうした報復の刃、司法の犠牲者は泣き寝入りするしかありませんでした。市民連帯の会は、こうした社会不条理に対し、三井環さん、仙波敏郎さんが立ち上がり、市民の連帯の力で闘っています。
http://shimin-rentai.com/



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)