警察24時の裏 最凶闇国 警察の本質は殺人犯たちの守護神 殺人犯を捕まえようとしないのはなぜか? 警察が殺人犯の守護神になる理由を解説

スポンサードリンク

警察24時の裏 最凶闇国 警察の本質は殺人犯たちの守護神 殺人犯を捕まえようとしないのはなぜか? 警察が殺人犯の守護神になる理由を解説
日本の殺人事件は警察が国家権力という殺人犯をお守りする最強守護神団です。
http://www.amazon.co.jp/dp/4104405027
司法ロンダリング(犯罪洗浄)犯罪の闇を暴いたこの一冊は世の中の本質、警察の本質をしるにはオススメの一冊です。
警察が殺人犯を捕まえるなどと思っているとしたら本質を知らないにもほどがあるというものです。
殺人組織を最大の守護神組織は国家権力の警察、検察、裁判所であり、事件化されていない認知していない殺人事件では警察の捜査がおかしいというとデッチアゲ口封じ逮捕作戦などで潰しにかかってくるのがピストルを持った警察という殺人犯の守護神たちです。
尼崎変死事件でわかっているだけで15人の犠牲で実際には数十人が不明です。警察に泣いて頼んだ数は数限りないはずです。
多くの犯罪被害者が警察という守護神戦に泣き寝入りさせられる実態を解説します。警察は泣き寝入りづくりの殺人工場の守護神です。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)