男としての生き方                            『新・霊界物語 第百二十七話』

スポンサードリンク

男としての生き方                            『新・霊界物語 第百二十七話』
「男とはかくあるべし」、そうしたことを教えてくれる教育は、もはやなくなってしまった。

 それゆえに現代では、男として生まれながらも、どう生きていけば良いのか分からず、悩み苦しむこともあるかもしれない。

 しかし戦前には、「男はいかに生きるべきか」ということを教えてくれる教育があった。

 それが武士道であり、そしてすでに『サムライとは何か』という動画の中で述べたように、武士道とは神道、儒教、仏教の融和である。

 ならばこそ儒教の仁や義というものを見つめ、そしてサムライたちの生き方を見つめることで、「男とはいかに生きるべきか」という問の答えも、自ずと見えてくるのではないだろうか。

 この動画を通して、少しでも”男とはいかに生きるべきか”ということが見えて頂ければ幸いである。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)