残酷な輸血医猟と瀉血(しゃけつ)によるガン治療について

スポンサードリンク

残酷な輸血医猟と瀉血(しゃけつ)によるガン治療について
まとめ動画です。輸血もガン医療も問題だらけです。市民が真実に目覚めるしかありません。
医療革命は人間の生理学上、極めて単純なことに過ぎません。輸血のペテンは「カントンの犬」で検索です。
輸血の逆は瀉血(しゃけつ)といいます。ガンは血液を抜くことで治るというのは、ヒポクラテスは病気は体液の汚れから生じると言う考えでした。
昔は今で言う薬を飲むことや手術をすることと同じくらい血液を抜いて体毒をリセットする治療が当たり前のことでした。
これは「瀉血 ヒポクラテス ガレノス」などの検索で分かります。
千島学説や医聖ヒポクラテスは、病気は血液などの体液、とくに血液の汚れから生じると言い、血液を抜くことは病気をリセットすることです。そして瀉血は昔の治療としてはごく当たり前に行われてきたことです。
血液はすべて抜いて透明に近い血液になっても生き延びられることはルネ・カントンの「カントンの犬の実験で検索」で100年以上前から立証されており、大量失血は海水を4分の1程度に薄めた濃度の水を飲んだり、点滴を入れれば可能であり、抜いた血液は数日で元の赤い血液に戻ることは「ルネ・カントン」「イングルウッド病院で検索」などで立証されています。血液がなくなれば死亡するというのは血液マフィアを潤すための洗脳です。大衆という獲物達の失血に対する恐怖が暴利をもたらすのです。
全血液を抜いた犬の実験をした犬は事故死するまで5年生き延び、以前よりも元気になったと言います。これらの記録は検索すれば大量にヒットします。
血液を抜くことで病気やガンを治すことは何も荒唐無稽なことではなく昔からやっていることであり、現在でも赤十字社は献血すると癌になりにくいデータで勧誘しており、「生理 女性 長寿」とか「献血 ガン予防」などで検索すればわかるように、女性は生理で血液を排泄するから男性より長寿であるという説は一般的です。血液を定期的に抜く「献血をする人ほど癌になりにくい」ということは当たり前のように検索結果にも出ますし、献血集める赤十字社の宣伝です。
千島学説では血液の体毒排泄に断食を勧めていますが、脱血する瀉血は最も速い体毒の排泄です。
つまり、血液を抜くことこそがガンを治す特効薬だったと言うことです。ガンは血液を抜いて、溜まった体毒を出して毒の蓄積をリセットすることによって治癒すると言うことは昔から分かっていたことで行われてきた治療法です。瀉血が昔の標準治療であったことは検索でも出ますし、薬学の資料にも書かれています。現代医学がこれを否定するのは当然のことです。病気が治ってもらっては困るからです。
瀉血を治療として行ったヒポクラテスやガレノスは神の如く崇められたと言うことです。
それが現在の悪魔的な医学は瀉血と逆の輸血をすることで病気を作り出し、マスタードガスなどの猛烈発ガン物質を治療薬と騙して暴利で売りつけて打ち込むことで悪化させることに明け暮れています。病気が増えて死の恐怖に怯えた獲物の恐怖こそが医猟ビックビジネスにとって莫大な利益を生み出す源泉だからです。

輸血は人間を殺すための屠殺剤であり、他人の病気をコピーして病気を増産し、蔓延させるために行われている悪魔の知恵です。瀉血は病気を治すという論理と逆のことをやることで成立する人を殺すための医猟です。
現代医学がニュースにするガン治療の話はすべて共通点があります。それは必ず金がかかること、医者や製薬会社に頼らなければならないことです。血液を抜くことだけで病気が治ってしまえば、現代医学の数百兆円のビックビジネスは大崩壊し、医者も薬も医猟機器の価値も紙くずのように大暴落します。、そんな自らの価値を大暴落させるニュースを取りあげることなど、絶対にないということです。
すべては悪魔達の支配する人を殺して稼ぐための巨額ビジネスの洗脳に騙され、踊らされていると言う真実に気がついてください。真実に気がつかなければ待っているのは餌食です。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)