残忍な輸血医猟(血液ハンティング)と瀉血(しゃけつ) 狂った輸血医猟の真相 日本で年間10万人は血液ハンティングの犠牲者

スポンサードリンク

残忍な輸血医猟(血液ハンティング)と瀉血(しゃけつ) 狂った輸血医猟の真相 日本で年間10万人は血液ハンティングの犠牲者
なぜ現代医学が輸血したがるか知ってますか?輸血をするとガタガタに悪化して次の点数処置が出来るからです。
輸血の本当の目的は、人の病気を感染させ、病気を作り出して廃人に追い込み終身カネヅルとして飼い殺して殺すためです。
それを現場の医者が意図的にやっているとはいいません。現代医学は病気が増えて患者に悪化することにより、さまざまな薬品を使ったり処置をすることで巨額のビックビジネスが成立しています。
経済的な論理だけでいえば、病人が増えてもらわなければ成りたたないと言うことです。いと言いながら実態は美名に隠れた医猟ハンティングになっています。
そこで大活躍してきたのが美名に隠れた輸血療法です。
血を抜く瀉血がガン療法になるということは、人の血を入れる輸血は増ガン療法といえます。
輸血は病気を蔓延させ、現代医学が終身カネヅルを作り出して一生にわたって、しゃぶり尽くす稼ぐ土壌作りのために利用されてきた狩猟方法なのです。
この残酷な事実を知ってください。いずれ抗ガン剤が悪魔の究極発ガン剤であることが知れ渡ってきたのと同じように認知されていくと思います。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)