偽装社会 国際テロ組織「米国の闇政府CFR」「検察」「最高裁」霞が関テロ犯である官僚の飼い主が起こしたイラク戦争、ドル防衛のためのテロ事件 飼い犬は資金調達を行い数百万人を殺害した事件の真相

スポンサードリンク

偽装社会 国際テロ組織「米国の闇政府CFR」「検察」「最高裁」霞が関テロ犯である官僚の飼い主が起こしたイラク戦争、ドル防衛のためのテロ事件 飼い犬は資金調達を行い数百万人を殺害した事件の真相
電力モンスターシステム、医療殺人、霞が関犯罪、9.11テロ、イラク戦争などはすべて一本の線につながった事件だと言うことです。実行犯は検察官です。9.11テロの陰の立て役者である最高裁事務総局、検察、外務省、財務省を忘れてませんか?9.11テロが”米国戦争屋”であり、米国の影の政府であるCFRの犯行であることはネットの世界では当たり前のことですが、その後のイラク戦費の資金調達を行っていたのが飼い犬である日本の検察と最高裁と外務省などの霞が関機構です。司法官僚、行政官僚などが捜査を偽装して調達していたのです。
数千万人を殺害し続ける国際テロ組織「検察」や「外務省」がいることには国民はまだ気がついていません。
これらは世界の治安を悪化させている凶悪国際テロ犯罪者たちであり、警察官、検察官、裁判官、官僚の正体は国際テロ組織の一員であり、米略奪占領兵士たちです。国際社会が一丸となって彼らテロ組織を撲滅する必要があります。
そうしなければ、彼らはまたテロを引き起こし、数百万人、数千万人の人々を殺害し続けます。最高裁、検察、外務省、彼らの本当の姿は戦争資金調達実行本部であり、ユダヤ戦争ごっこのゲーム大量虐殺犯なのです。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)