今週号の特集は「追悼 石牟礼道子」と森友学園問題

スポンサードリンク

今週号の特集は「追悼 石牟礼道子」と森友学園問題
みなさんこんにちは。「週刊金曜日ちゃんねる」取材班です。
いつものぶっつけなりゆき誌面說明です。

今週の『週刊金曜日』の本誌の特集は「追悼 石牟礼道子」です。以下その説明です。

この春、石牟礼道子さんが亡くなった(享年90)。長い年月をかけて書き上げた「苦海浄土」三部作は、近代文明を根底から問い直す作品として社会に衝撃を与えた。本誌には編集委員として立ち上げに加わり、後には熊本市・真宗寺脇の借家を仕事場に小説「天湖」を連載してくれた。今回、ゆかりの方々の寄稿をもとにその作品世界を見つめ直し、石牟礼さんを偲びたい。

被写界深度の深さと時間軸の長さ
石牟礼道子さんが見ていた世界
高峰 武
壮大な「いのち」の連環を詩情に照らされた言葉に
闘いと祈りの生涯
若松英輔

数々の著書を通して、石牟礼道子さんの世界を語ってきた若松英輔さん。
言葉に深く沈潜し、「詩情」の結晶とも言える作品世界を照らし出す。
緒方正人さんインタビュー
「狂う」ことで見えた世界

緒方正人さんほど「石牟礼道子の世界」を体現している人はいないかもしれない。石牟礼さんの発案で「祈り」に起点をおく会をつくろうとなった折、「本願の会」と命名したのは緒方さんだった。緒方さんの目に石牟礼さんはどう映っていたのか。

『苦海浄土』が産声をあげようとする1960年代
魚に包丁を入れる安寧な姿に感銘
桑原史成
浄瑠璃芝居『六道御前』演じる金子あいさん
魂ゆさぶる言葉の力

熊本市内の施設の小さな娯楽室。観客は石牟礼道子さん一人だけ。そこで一人芝居『六道御前(ろくどうごぜ)』を演じた金子あいさんが、石牟礼作品を演じる思いを語る。

〈再録〉魂ゆらぐ刻を  石牟礼道子

そのほかの特集は。
佐川宣寿前国税庁長官がみせた”ぼろ” 本誌取材班
安倍首相の疑惑隠蔽と逃げ切りを絶対に許さない 福島みずほ
公文書偽造と行使は騒乱首謀者並みの犯罪 田岡俊次
籠池氏接見で野党の追及強まる 横田 一+本誌取材班
安倍昭恵さんが証人喚問に応じれば救国の決断 山口敏夫
赤池誠章参院議員と池田佳隆衆院議員は恥を知れ
前川喜平前次官の授業に介入した自民党議員 横田 一
連載 ぶれない・あきらめない・おそれない 石川真生
琉球侵略から現在までを再現する「大琉球絵巻」を制作中の写真家
函館地裁、大間原発の建設差し止め認めず
「あの証人調べはなんだったのか!」怒る住民たち 伊田浩之
ジャーナリスト・高野孟氏に聞く
「中国脅威論」にだまされるな
短期集中連載 原発の来た町 伊方原発はこうして建てられた
第2回 四電の裏工作 斉間 満
武装闘争の女性詩人、チラナンは語る 四方田犬彦

*****************************

そして、『週刊金曜日』の詳しい内容についてはホームページまで。ツイッター、フェイスブックもあります! チャンネル登録、FBやTWITTERのフォローよろしく御願いいたします!

公式ツイッター
◎https://twitter.com/syukan_kinyobi

公式フェイスブック
◎https://www.facebook.com/kinyobi.co.jp/

週刊金曜日オンライン
◎http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/

スポンサードリンク


コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)