ユダヤ人のアイデンティティはシオニズムにハイジャックされた #zionism

スポンサードリンク

ユダヤ人のアイデンティティはシオニズムにハイジャックされた #zionism
(日本語字幕版)2009年1月4日国連でのユダヤ人による反シオニズムデモ。ユダヤ人(英語: Jew, 漢語: 猶太)とは、ユダヤ教を信仰する者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(民族集団)という2つの捉え方がある。中世以前は前者の捉え方がなされていたが、19世紀の国民国家出現以降は差別する側からもされる側からも後者の捉え方が出現した。明治時代に作られた日本語である「ユダヤ人」という呼称が現在はほぼ一貫して使用されている。それ以前や戦中頃までは「セム人」と称されることが多かった。ユダヤ人は「中東イスラエルに住む、ユダヤ教を信仰する民族」として認識されている。日本では信仰としてユダヤ教を信じる者は「ユダヤ教徒」と呼称され、「イスラエル国家を形成する民族ユダヤ人」とは別として認識・呼称される事が多い。シオニズム(Zionism)とは、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しよう、あるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動。後者の立場を「文化シオニズム」と呼ぶことがあるが、実際には様々な関係があると思われる。「シオン」(エルサレム市街の丘の名前 英語ではザイオン)の地に帰るという意味である。シナゴーグ(英語: Synagogue)はギリシャ語のシュナゴゲー(集会所)に由来するユダヤ教の会堂の事である。聖書には「会堂」の名で登場し、ユダヤ教会と俗称されることもある。キリスト教の教会の前身であるが、役割はやや異なる。もともとは聖書の朗読と解説を行う集会所であった。現在では祈りの場であると同時に、各地のディアスポラのユダヤ人の礼拝や結婚、教育の場となり、また文化行事などを行うコミュニティーの中心的存在ともなっている。エルサレム神殿破壊後はユダヤ教の宗教生活の中心となる。参考:ウィキペディア



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)