イランのアフマディネジャド大統領が、反シオニズムのユダヤ人ラビと面談 #iran #zionism

スポンサードリンク

イランのアフマディネジャド大統領が、反シオニズムのユダヤ人ラビと面談 #iran #zionism
(日本語字幕版)マフムード・アフマディーネジャード(1956年10月28日 – )は、イラン・イスラーム共和国第6代大統領。2005年の大統領選に勝利し、2005年8月6日に就任し、2009年6月13日に再選された。前職はテヘラン市長で、2005年の世界の市長最終候補者になっている。工学博士(交通技術・計画分野)。日本の報道等ではマハムード・アハマディネジャドまたはアフマディネジャドと記載されることが多い。シオニズム(Zionism)とは、イスラエルの地(パレスチナ)に故郷を再建しよう、あるいはユダヤ教、ユダヤ・イディッシュ・イスラエル文化の復興運動(ルネサンス)を興そうとするユダヤ人の近代的運動。後者の立場を「文化シオニズム」と呼ぶことがあるが、実際には様々な関係があると思われる。「シオン」(エルサレム市街の丘の名前 英語ではザイオン)の地に帰るという意味である。ユダヤ人(英語: Jew, 漢語: 猶太)とは、ユダヤ教を信仰する者(宗教集団)、あるいはユダヤ人を親に持つ者(民族集団)という2つの捉え方がある。中世以前は前者の捉え方がなされていたが、19世紀の国民国家出現以降は差別する側からもされる側からも後者の捉え方が出現した。明治時代に作られた日本語である「ユダヤ人」という呼称が現在はほぼ一貫して使用されている。それ以前や戦中頃までは「セム人」と称されることが多かった。ユダヤ人は「中東イスラエルに住む、ユダヤ教を信仰する民族」として認識されている。日本では信仰としてユダヤ教を信じる者は「ユダヤ教徒」と呼称され、「イスラエル国家を形成する民族ユダヤ人」とは別として認識・呼称される事が多い。ラビ(英語rabbi)とは、ユダヤ教に於いての宗教的指導者であり、学者でもあるような存在。 モーセ五書、あるいはトーラ(Torah)、トーラーとは、旧約聖書の最初の5つの書である。モーゼの五書、律法とも呼ばれる。これらはモーセが書いたという伝承があったのでモーセ五書と言われるが、近代以降の文書仮説では異なる時代の合成文書であるという仮説を立て、モーセが直接書いたという説を否定する。ただし保守的なキリスト教会と学者は今日もモーセ記者説を支持している。また正教会における註解書には、こうした学説の対立に触れず、「伝統的に」モーセが著者であるとされているという記述にとどめているものもある。参考:ウィキペディア



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)