ものみの塔 エホバの証人輸血拒否事件の真相

http://www.sangokan.com/book/gazo/ketuekichumon.pdf
http://www.sangokan.com/book/ketsueki.php
近々、内海さんと船瀬さんの輸血のペテンに関する本が出版されます。医療の正体が根本的に人を騙す虚構であることがわかると思います。
輸血不要論とは循環血液が9割なくなって血液が透明に近くなるような事態でも輸血はしないということです。無輸血で有名なイングルウッド病院でも実例としてあります。たった数日で血液は回復し、10日もすれば仕事に復帰するなどと言うことは無輸血だから可能なことで輸血していたら十中八九死んでいます。
輸血をやめた病院では今まで輸血していたなら死んでいたような患者が驚くほど急速に回復して退院していくということです。
輸血が一切不要だとしたら、どの代替液が最適なのか、その原理は既に約117年前の19世紀には解明されています。
それまではリンガーという人のリンゲル液(リンガー液)が輸血の確立していない19世紀の代替法でした。
調べてみると、リンゲル液のほうが、今の輸血よりもはるかに優れていたことが分かります。
19世紀は血液型すらもわからない時代で今のような献血などありませんから、輸血という概念自体が一般の人はほとんど知らない時代です。
その後、リンゲル液や生理食塩水は最適なものではないと気づいたルネ・カントンの実験が有名な”カントンの犬”です。
この時代はまだ輸血をするための血液型があることすらも解明できていなかった時期で、その後、マスタードガス抗ガン剤などの普及を推し進めたロックフェラー研究所が血液型を解明し、抗凝固剤を開発することで、それまでの海水やリンゲル液の代替液は一気にロックフェラーペテンの輸血という”医猟ハンティング”に傾きます。
輸血は1965年には輸血後肝炎が50%を超えるほど酷く、輸血がまともに使えた歴史など人類史上一度もありません。
血液型を解明し、輸血が困難だった時代に輸血を実用化するための抗凝固剤を発明したのもRH型の血液型を発見したのもすべてはロックフェラー研究所です。もちろん目的は病気を爆発的に増やすためです。
輸血ビジネスには病気を量産したいロックフェラーの思惑が根底にあります。
“医猟”の歴史を知っている人ならわかっているようにマスタードガス抗ガン剤を推し進めてノーベル賞を取らせたりしている一味と支配者は同じです。
そんなバケモノに日本中の病院が支配されて、治療と称してありとあらゆる毒物を投与してきます。
輸血剤の42%が抗ガン剤による貧血や手術のときのためにガン患者に使われていますが、輸血をされた人のガンの再発率は輸血しなかった人の5倍近くになります。こうした悪魔的な”医猟”のカラクリは虚構の世界の洗脳が目覚めてみれば当たり前のことです。病院が治る方法を採用などするはずがないからです。
しかし、これは平均値ですから、抗ガン剤での貧血などで何リットルも投与された人はしなかった人の30~40倍も発ガン率が高くなると言うことです。
医療は治したら捕まる世界です。今の日本人の本当の死因は医療産業が意図的に作り出した医原死であり、731部隊のマルタ小屋が当たり前の世界です。
マスタードガス抗ガン剤と輸血製剤の技研はロックフェラーの姉妹薬品のようなものです。こういうニセ物を医学狂育で教えて病気の大量生産をすることで現在の医療産業は成立しています。
悪化するほど打ち出の小槌になるからです。
輸血を推し進めたのは、”医猟”の本質がワクチンや抗ガン剤や向精神薬と同様であると分かっている人にとっては当たり前のことですが、病気を爆発的に蔓延させ人を殺すためです。
世界中の人々が100年以上くもロックフェラービジネスに踊らされて虚構に騙されていたと言うことです。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)