【偽装社会】血液の闇 輸血のペテン「カントンの犬」で検索 平均寿命捏造  内海聡先生 船瀬俊介先生対談

スポンサードリンク

【偽装社会】血液の闇 輸血のペテン「カントンの犬」で検索 平均寿命捏造  内海聡先生 船瀬俊介先生対談
“血液の闇” ”輸血は受けてはいけない”
http://www.sangokan.com/book/gazo/ketuekichumon.pdf
http://www.amazon.co.jp/dp/4883206165/
最強の輸血代替液は輸血、献血が確立するはるか以前に解明されていた! マフィアが葬り、夢の発病剤の輸血が蔓延る本当の理由 美名を偽装した生物兵器剤に騙されるな

http://www.youtube.com/watch?v=H4zMZ1…
全編はこちらです。
5時間読み上げ
http://www.youtube.com/watch?v=Ywt6ku…
内海先生「輸血剤・・・なかなか着目されませんが、無駄な使用でかなりの死人を出して­います。一剤一剤がかなりの儲けをもたらしてくれるため、病院で使用されるのにことか­きません。本当の救急医、本当の麻酔医はぎりぎりまで輸血剤は使わないものです。全く­使わないことをポリシーとしている医師まで存在します。」
輸血の有害性、平均寿命の捏造など、 医療の問題点について語ってもらいました。輸血の正体はマスタードガス猟と同じく、病­魔を作り出して稼ぐための生物兵器剤です。
交通事故で死亡したとされる人々の多くも医療犯罪による犠牲者です。
輸血の実態は人助けを演出した発病剤の打ち込みで、医猟ハンティングの手法として考え­出されたものです。輸血液を製造している赤十字社の正体も非常に悪質な医猟マフィアで­す。
輸血には人を救う効果などまったくありません。輸血で人が救われた話などは、問題を差­し替えたトリック詐術です。輸血で人が救われたという話は人間の思い込みを利用したト­リックです。人を救うどころか悪化させているだけの毒物です。
こうした医猟犯罪の手口は、ごく一部の人が気づいているだけで、医猟天国となった現代­文明では、赤十字社を批判する輸血の犯罪を公で語ることはできませんでした。人助けを­偽装、ジャブジャブ使って病人を製造するほうが、医学村全体に暴利をもたらすからです­。
川崎のエホバの証人輸血拒否事件などは、そのプロパガンダに利用された事件のひとつで­す。
輸血をされた人々は抗ガン剤と同様に医猟産業を潤す終身カネヅルになります。終身カネ­ヅル剤を打ち込まれないように輸血拒否カードを持ち歩いて命を自衛しなければならない­ような世の中です。日本でも海外でもわかっている医者達は自分や自分の家族には緊急時­にも打たれないように事前に拒否対策しています。
そのペテンの実態は抗ガン剤が猛烈な発ガン物質であるのと同様に詳細はいずれ明らかに­していきます。輸血はマスタードガスほどではありませんが、強烈な発ガン物質です。そ­の毒性の強烈さは、同様のものです。急性ショック死は多発していますが、それは輸血し­なければならないような病態だったという隠れ蓑によって、カモフラージュされ隠されて­います。人が毎日、そこら中で殺されていても、医療行為とか病魔の悪化という問題に差­し替えて、犯罪が隠されてきたのです。
抗ガン剤や向精神薬の犯罪と違い、血液事業を展開する赤十字社は、生物兵器剤の打ち込­みの悪魔性をカモフラージュするために輸血や献血をことさら、崇高な活動であるかのよ­うに宣伝してきました。 【読み上げ動画】命に関わる事実 国民が知らない巨悪の医療犯罪が隠蔽されている 全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPwemHbN0



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)