【偽装社会】毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた 船瀬俊介氏

スポンサードリンク

【偽装社会】毒ガス療法の悪夢 80%のガン患者は殺害されていた 船瀬俊介氏
船瀬俊介さんの本の紹介、対談動画、講演動画を発信していきます。金儲け収奪殺人で大量殺人を繰り返してきた病院の悪夢は42分頃です。
千島喜久男氏は60年前にはわかっていたことですが、医者は犯罪を病魔という架空の犯人に押し付けて逃げ切る凶悪強盗殺人犯です。バカを作るどころか、凶悪犯を作り出す”医猟”狂育があります。

現代医学を騙るガン治療の正体は虚構の病魔を演出し、獲物を悪化させて資産を根こそぎ収奪するために計画された猛烈な発病作戦です。現代医学を騙る疫病ビジネスは国家利権­­と手を組み、独占利権として君臨することでやりたい放題の凶悪犯罪に手を染めてきました。

抗ガン剤と称した化学兵器剤はWHOに指定された第一級の猛烈発ガン物質として指定されています。
1925年にジュネーブ議定書で戦時使用が禁止されたマスタードガス(イペリットガス)などの発ガン物質を医療界は暴利を生み出す荒ましい発ガン性と重篤な後遺症に目を付­­­け、患者を騙して投与し、意図的に発ガン、発病させ、虚構の病魔を演出して甚大な被害を出している事実が隠蔽されてきました。現代医学はガンを治す気など全くありませ­ん­。まったく逆です。病魔をいかに爆発させ、暴利の収奪の得るかという研究に明け暮れています。

抗ガン剤の本当の正体は凄まじい第一級の猛烈発ガン物質です。ピンクリボン運動の実態は医療マフィアたちによる毒ガスハンティングです。
作用機序が解明されたことで、現代医学で治療と称してやっていることのほとんが収奪を目的とした凶悪犯罪であることが科学的根拠として証明できました。

悪魔達は国家利権と手を結び、独占利権でマスタードガスなどを使用した史上最悪の悪徳商法を繰り返してきました。

●成分が化学兵器禁止条約指定の毒ガス化学兵器の窒素マスタードガスである抗ガン剤
シクロホスファミド(商品名 エンドキサン)世界、日本で最多使用の抗ガン剤
イホスファミド(商品名 イホマイド)トップ3に入る使用量
メルファラン(商品名 アルケラン)白血病発症率100倍以上
ベンダムスチン塩酸塩(商品名 トレアキシン)0.1グラム9万円
エストラムスチン (商品名 エストラサイト)前立腺癌ホルモン剤
チオテパ (商品名 テスパミン)
ブスルファン(商品名 ブスルフェクス、マブリン)
カルボコン(商品名 エスキノン)
ナイトロジェンマスタード(商品名 ナイトロミン) 【読み上げ動画】命に関わる事実 国民が知らない巨悪の医療犯罪が隠蔽されている 全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPwemHbN0



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)