【偽装社会】政府・霞が関転覆疑惑 日本支配と霞が関テロ犯罪 米国の影の政府CFR→米国の国防省・国務省→日米合同委員会(霞が関犯罪者と米軍)→法務検察・最高裁→国民の奴隷化と戦争資金調達→国際テロ

スポンサードリンク

【偽装社会】政府・霞が関転覆疑惑 日本支配と霞が関テロ犯罪 米国の影の政府CFR→米国の国防省・国務省→日米合同委員会(霞が関犯罪者と米軍)→法務検察・最高裁→国民の奴隷化と戦争資金調達→国際テロ
三井環元検察官が告発 1、「特別会計」予算とは何か。
政界の爆弾男殺害事件の闇(下)③ 音声はhttps://youtu.be/0Ktmi1Dybxg?t=1m47s
5、「特別会計」を偽装した裏金づくりによる巨悪犯罪、おいしい蜜づくりは、ムダなものをタップリ作りまくることで行われている。ムダなダム、橋、道路、医療行為、フクシマの除染に伴う談合行為、その根源はみな同じである。政治家、高級役人、「日米合同委員会」等は、国民の命や財産を限りなく奪う機関である。
30か国に及ぶ米軍基地を駐留させている日本を含む国家が負担する軍事費、防衛費を米国の軍事費に加算すると、米軍関連の軍事費は、全世界の軍事費の50%を超える可能性があるといわれている。
http://shimin-rentai.com/kizi/gekkan_times/isii_ko-ki/2015_11_10_seikai_bakudan_ue.pdf
http://shimin-rentai.com/kizi/gekkan_times/isii_ko-ki/2015_12_10_seikai_bakudan_tyuu.pdf
http://shimin-rentai.com/kizi/gekkan_times/isii_ko-ki/2016_1_10_seikai_bakudann_ge.pdf
http://shimin-rentai.com/
「特別会計」は、目的税という名目で、「受益と負担の対応関係」のもと、予算が組まれる。
日清戦争時、「臨時軍事費特別会計」という「特別会計」がはじめて登場した。、日露戦争でも同様の「特別会計」が組まれた。
戦後の日本は、公債の日銀引き受けなどから「ハイパーインフレ」に見舞われる。
そこで、昭和24年に、GHQの指導の下に、1ドル360円の固定相場制が引かれた。
 同時に、「日米貿易の安定」の名目から、「外国為替資金特別会計」が予算化される。
 また、均衡予算原則がとられていた一般会計に加えて、「特別会計」や政府関係機関の収支の均衡も調整された。
 それまで、多額の国債がつぎ込まれた「臨時軍事費特別会計」を初めとする陸軍関係、
朝鮮、台湾などの国外開発出資関連の「特別会計」が軒並み廃止された。
 それに代わって、産業支援関連(開拓者資金融通、国有林野事業など) 、解脱産業促進(アルコール専売事業、国営競馬など)の歳入重視の「特別会計」が次々と組まれた。
 また、公共事業を行うための特定の「特別会計」において、「建設国債」という形で公債発行を繰り返した。
 2009年度の「一般会計」の歳入は、公債公社費33.3兆円、税収46.1兆円、
その他4.6兆円、合計88.5兆円である

 そのうちの、88.5兆円の内から、直接支出に回されるのは41.7兆円である。残りの大半は、「特別会計」に繰り入れられる
。すなわち、「一般会計」を通じて「特別会計」に資金が流れていくのである。
 「特別会計」の歳入は、上記の「一般会計」から流れてくる資金のほかに、保険料
、手数料など、99.1兆円、公債金、借入
、128.8兆円などで、歳入総額は370.9兆円にのぼる。
 そのうち、歳出総額は354.9兆円である。
 「一般会計」では、次年度の繰り越しはわずかであるが、「特別会計」では、次年度へと繰り越される金が多額である。
 この内部留保が溜まり、いわゆる「埋蔵金」が存在するといわれている。
 「一般会計」は、国会で審議をされ、歳入
、歳出がチェックされる。「特別会計」では
、そのようなチェック機能が存在しない。
 「特別会計」は、省庁の財布であり、利権であるといわれる。
 「特別会計」は21あり、その下の勘定毎に、所轄省庁の政策と結びつき、侵されざる聖域を築いている。
 ただし、平成27年度現在、国には14の特別会がある。平成27年度当初予算において、特別会計の歳出額は約403.6兆円となっている。
 結局は、「特別会計」の実情が国民に明らかにされていないため、裏金づくりが行われる。それが、イラク戦争等の戦費に、日本の血税が投入される。



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)