【偽装社会】世界戦乱の中枢!検察と最高裁と外務省の残忍な正体 10年で1千兆円超の米国軍事戦費は誰が調達しているか? 法務省による強盗、数千万人殺害の歴史 凶悪な戦費調達実行犯、霞が関テロ中枢指令本部

スポンサードリンク

【偽装社会】世界戦乱の中枢!検察と最高裁と外務省の残忍な正体 10年で1千兆円超の米国軍事戦費は誰が調達しているか? 法務省による強盗、数千万人殺害の歴史 凶悪な戦費調達実行犯、霞が関テロ中枢指令本部
転載希望。「戦後史の正体 https://www.youtube.com/watch?v=sBZqvXoipRU 鳩山由紀夫さん https://www.youtube.com/watch?v=LBSfQlq7asQ この動画は金融ユダヤによる法務検察、外務省を頂点とする日本の奴隷植民地政策の仕組みそものです。巨額の不正送金でどれだけの人が日本でもテロ国家アメリカと霞が関モンスターシステムによって殺されたでしょうか。法務検察と最高裁は国際テロ組織です。ついに年間自殺者18万人の社会を作り出した犯人を見つけ出しました。
霞が関機構や永田町をテロ国家アメリカの言いなりになるよう恫喝して調整しているのも法務検察です。結論は最高裁や検察、法務省の司法官僚、行政官僚が米国の影の政府のCFR(外交問題評議会)の言いなりになることで日本全体が奴隷化し、次の戦争資金調達になって数千万人が殺されたと言うことです。
検察とは裁量権という刃で霞が関機構や永田町や行政をコントロールするための組織であり、本当の検察など言う組織は日本では存在しません。検察という看板を付けているからといって本当に検察でしょうか?
その統制のために日本では異様なほど起訴から不起訴、保釈、三井環さんのときのように満期まで入れておく刑務収監機関を決める権限などのすべての裁量権を独占的に法務検察が持ち、政治や官僚をコントロールしてきたということです。
日本の法務検察には、他国のように民意で検察の幹部を選ぶなどもなく、法務省、最高裁人事はすべて非開示で99.9%の有罪率なのです。人事は米国戦争ビジネス屋人事です。絶対に人事の秘密は開示しません。それを知られると戦争ビジネスのカラクリがわかってしまうからです。
日本はもともと奴隷なのではなく、日本を奴隷にしておくカラクリが最高裁や検察にあると言うことです。ジャーナリズムがこの奴隷システムの中枢に踏み込まないから解決しないのです。ここが不条理な世界を解決しなくしているカラクリの中枢なのです。まともなことをやろうとした人は政治家にも官僚にも膨大に居ましたが、ことごとく検察という犯罪者たちが握り潰し日本を弩弓の占領植民地、アメリカ領日本自治区にして、日本人の資産を半分とかそれ以上不正送金してきたと言うことです。これが戦後史の正体です。
そして原発などは、福島県知事の佐藤栄佐久氏の逮捕や医療モンスターシステムは日本人を恫喝し、医療犯罪の捜査などで恣意的な”つまみ食い歪曲捜査”でアメリカの貿易赤字解消のための大量薬物使用などの医猟犯罪を実行し、それを戦争資金や米国の毎年70兆円もの軍事費につぎ込んで、ベトナム戦争など数限りない戦争資金を調達し数千万人を殺害してきたのが法務省と検察庁の本当の歴史だったと言うことです。
ベトナム戦争などは意図的にCFR戦争ビジネス屋が八百長を仕掛けてアメリカを負けさせたものです。アメリカがベトナムのような貧民国に負けるはずがありません。戦争が長引くのもベトナム戦争が負けたりするのは八百長だからです。すべて八百長で長引かしたりしているのでありも、これは日本の刑事裁判、民事裁判、行政裁判も八百長です。”米国戦争屋”のシナリオで検察の統制を受けて生きているのが日本人です。
アメリカは日本に法務省、検察、最高裁というトロイの木馬を置き、八百長戦争ビジネスを繰り返してユダヤ金融資本の戦争ゲームを繰り返してきた国です。この手法で不正送金された額は戦後5000兆円とか1京円とかに達するかも知れません。アメリカの貿易赤字解消のための薬漬け、薬害などもことごとく葬って、医療を偽装したアメリカの貿易赤字解消手助けしているのが法務検察です。日本人も相当数殺害してきています。
奪われ続けた日本人、被害国や反米国家や世界がこの事実に気がついたときに司法官僚、行政官僚たちはいずれ抹殺の刃が向けられ報復殺害されるときが来るはずです。
日本の闇構造に気がつくにはCFRなどの秘密結社と法務省、検察、最高裁という奴隷の支配中枢のカラクリと戦争ビジネスの仕組み、電力、医療も集約されます。 【読み上げ動画】命に関わる事実 国民が知らない巨悪の医療犯罪が隠蔽されている 全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPwemHbN0



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)