【偽装社会】ロックフェラーのCFR(外交問題評議会)が日本を奴隷の借金大国にして米国債を買わせて戦費出費大国にした ユダヤ金融資本がわかると世界の闇構造が見えてくる! 宇野正美さん

スポンサードリンク

【偽装社会】ロックフェラーのCFR(外交問題評議会)が日本を奴隷の借金大国にして米国債を買わせて戦費出費大国にした ユダヤ金融資本がわかると世界の闇構造が見えてくる! 宇野正美さん
端的に結論から言いますと、日本の1千兆円とも言われる借金は戦争ビジネス屋の戦費に横流しされているのではないか?ということです。もちろんその根拠は多数あります。
米国からの圧力で「借金してでも貢げ」と言われたら断れないと言うことです。それがズルズルと来ておかしなことになっているのではないか?ということです。私は電力モンスターシステム、医療モンスターシステムから日本と世界の闇構造がわかったということです。不可解な戦争資金調達のカラクリは日本の国家権力にあるということです。
それを法務省を頂点とした最高裁や検察がその不正の番人、実行犯行為の中枢となり、霞が関機構を米策捜査と米策司法と米策行政で調整し、霞が関テロ犯罪者(最高裁や検察などの司法官僚、行政官僚)がやって八百長裁判や八百長捜査を繰り返し、世界を騙し続けているのではないか?ということです。
この動画はそのひとつの重大な証言となります。宇野正美さんはユダヤ金融資本がわかると世界の闇構造が見えてくる!ということです。逆に言うと金融ユダヤがわからないとあらゆる不条理の本質はわかりません。
霞が関テロは日本人だけでなく、世界中を戦乱に陥れている不条理の根源であり、悪循環のシステムです。霞が関官僚たちが世界中の人を殺すために働いていると言うことです。殺人ゲーム犯罪者です。
これはユダヤ金融資本のCFR(外交問題評議会)が起こしてきたベトナム戦争、イラク戦争などの戦争ビジネス屋のカラクリと霞が関の動き方がわかると世界の闇構造が見えてくる!ということです。霞が関機構とユダヤ金融資本のカラクリがわからないと世の中の仕組みは永久にわかりません。
植草一秀事件の本質は巨額のインサイダー取引、意図的な株価暴落による金融ユダヤへの売り渡し(とくに民間銀行など)を告発しようとしたことでCFR、CIAの対日工作として逮捕されたものですが、その頃の売却で銀行株も金融ユダヤに売却され、日本の4割の国債は銀行が持っています。これが戦費や回収に回っているのですから、検察が個人犯罪や特捜検察で取り締まっている被害額の何百年分の事件を法務省と検察と最高裁自身が巨額の詐欺を引き起こして、何千年分にも相当するような殺人事件を戦争という事件で起こしていたと言うことです。
宇野正美さんの解説で重要な部分をまとめ動画も出します。 【読み上げ動画】命に関わる事実 国民が知らない巨悪の医療犯罪が隠蔽されている 全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPwemHbN0



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)