【偽装社会】ものみの塔 エホバの証人輸血拒否事件の真相1/2 日本中が騙された輸血拒否事件を解明記者会見 血液問題に関する行政交渉と記者会見、船瀬俊介、内海聡、高橋宏、大沼四廊 血液の闇 薬害輸血

スポンサードリンク

【偽装社会】ものみの塔 エホバの証人輸血拒否事件の真相1/2 日本中が騙された輸血拒否事件を解明記者会見 血液問題に関する行政交渉と記者会見、船瀬俊介、内海聡、高橋宏、大沼四廊 血液の闇 薬害輸血
【読み上げ動画】血液の闇全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPwemHbN0
http://www.sangokan.com/book/gazo/ketuekichumon.pdf

エホバの証人輸血拒否事件は、血液利権、赤十字社、医療界が組んだペテンだったと言うことです。世界中が騙された”医猟界”のトリックは解明されています。
エホバの証人輸血拒否事件で報道被害に遭われた鈴木大さんのご遺族の方、見ておられましたらご連絡頂ければ幸いです。
shinigaku@gmail.com
http://www.sangokan.com/book/ketsueki.php
http://www.amazon.co.jp/dp/4883206165/

第2章 エホバの証人“輸血拒否”事件の真相
●闇に塗り込められた驚愕事実
現在、日本だけで、毎年約120万人が輸血を受けている。
手術をすれば、輸血をするのが当たり前と思わされ、ほとんどの人がそれを疑うことさえない。
そして、膨大な輸血・血液製剤の利権の背後で、無駄な治療やリスクの大きい投与が平気で行なわれ、それによって死亡事故や医原病が多発しているにもかかわらず、赤十字は副作用報告を隠蔽し、それらが輸血が原因であると気づかれることもない。
医師は気づかず、遺族ももちろん気づくことができない闇の中におかれている。
ビートたけしが主演して製作されたドラマ「説得」で有名なエホバの証人に関する輸血拒否事件、この事件にも医学的な裏の意図が隠されていた。
この驚愕事実もまた闇に塗り込められて、医療利権に都合のよい情報としてプロパガンダされている。
しかし、実際にその事件を洗ってみると、一般に知られている事実とは違った様相を呈してくる。
この事件において、子どもが出血したのは手術の検討に入った段階で推定0・5ℓ程度であり、決して大量失血といえるようなものではない。
この程度の出血は、今の日本の規準でも輸血の必要のない手術が可能であったということだ。
子どもの治療にあたった医者が輸血にこだわったのは、当時の厚生省の輸血ガイドラインの基準が、世界の輸血に関する主たる研究と比べても、話にならないくらい低すぎたこと(つまり、なんでもかんでも輸血をさせることになる基準であったこと)、そしてなにより現行のガイドラインに従わねば訴えられてしまうという「恐れ」が一番の理由である。
まず、この章においては、このエホバの証人輸血拒否事件の真相を追いながら、医師たちはどう思い、どのような教育を受けているのか、なぜ子どもは死亡に至ったのかを再検討してみることにしよう。 【読み上げ動画】命に関わる事実 国民が知らない巨悪の医療犯罪が隠蔽されている 全編6時間朗読https://www.youtube.com/watch?v=2YCPwemHbN0



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)